技術実績

機能一覧インデックス
 開発環境  伝票発行  エクセル出力  請求処理
 重量値受信  バッチ取込  操作ポスト  パンチカード
 遮断機制御  回転灯  信号機  バーコード
 RFIDカード  音声案内  ハンディターミナル  重量値表示機
 カスタマディスプレイ  データ同期  タッチパネル  WEBアプリケーション


開発環境

 OS
 Window95/98/NT/2000/XP/Vista Linux
 開発言語  C C++ COBOL Perl PHP Delphi Basic etc...
 開発ツール
 C++Builder PowerCOBOL VB VC etc...
 データベース
 Microsoft SQLServer6.5/7/2000/2005 MySQL PostgreSQL Oracle etc...


伝票発行

さまざまなタイプの伝票に対応可能です。

プリンタ種類
印字方法
特徴
レーザー ミシン目入りの用紙を使用し、複数枚に同様の内容を印字する。 速度○ 印字品質◎
ドット
複写対応の用紙を使用し、複数枚を同時に印字する。 速度△ 印字品質△ 確認サインが必要な場合◎
サーマル
ロール紙を使用し、複数枚に同様の内容を印字する。
速度◎ 印字品質○ 保存期間△


エクセル出力

CSV出力と違いエクセル上に直接、値を自動入力できますので、レポートを作成する手間が不要となります。

[CSV出力の場合] CSV出力を行う → エクセルで開くエクセルで加工するレポート完成

[エクセル出力の場合] エクセル出力を行う → レポート完成



請求処理

<請求書サンプル>



重量値受信

指示計と言われるトラックスケールの重量表示機との通信によって、ソフトウェア上に重量値を取り込むことができます。

弊社にて実績のある指示計は以下の通りです。

メーカー
機種名
 株式会社日本製衡所
 N-9600 N-9500 N-9000 NU-01
 株式会社エー・アンド・デイ  AD-4401 AD-4405 AD-4323
 ユニパルス株式会社
 F720 F741 F770 F701
 鎌長製衡株式会社
 LP-700 DI-1000
 大和製衡株式会社
 EDP-1700 DEP-1800 EDI-700A
 その他
 ミュー精器  MU-790

※上の表にない指示計でも重量値を取り込むことは可能ですので、ご相談ください。



バッチ取込

上の「重量値受信」と似ているのですが、こちらは計量機能のついた指示計から重量情報とともにその他の計量情報も一緒に受け取る機能です。



操作ポスト(N-24TP)

運転手が操作できるようにトラックスケールに隣接して設置し、計量情報を入力できるようにする操作ボックスです。タッチパネル、非接触対応のカード(RFIDカード)、サーマルプリンタ、音声案内に対応しています。



パンチカードリーダ



遮断機

システム上から遮断機の制御を行うことが可能です。たとえば、トラックスケールからの重量にて過積載判定を行い、入場可能な車両の場合、遮断機をあげるなどの使用が可能です。



回転灯

システム上から回転灯の制御を行うことが可能です。たとえば、計量が正常に完了した場合は青ランプが点灯し、異常があった場合は赤ランプが点灯するなど。



信号機

システム上から信号機の制御を行うことが可能です。たとえば、トラックスケールの入場口に設置し、計量車両がいない場合は「青」、計量車両がいる場合は「赤」など。



バーコードリーダ

システム内からバーコードを発行することができます。そのバーコードをバーコードリーダで読み取ることにより、情報の入力が簡単かつ正確に行うことができます。

たとえば、計量伝票にバーコードを印字し、バーコードリーダで読み込むことにより該当の計量データが呼び出されるといった使用方法があります。



RFIDカードリーダ

RFIDカードのリードライトを行うことができます。バーコードと違ってよごれに強く、何度でも書き込み可能、また、非接触で情報を読み込めるため、故障しにくいのも特徴です。



音声案内

操作ポストで使用される機能で、操作方法を音声にて案内することが可能ですので、不特定多数の人が操作するシステムなどで有効です。



ハンディターミナル

持ち運び可能なハンディターミナルを使用することで、PCを設置できない場所などでも、情報の入出力が可能となります。



重量値表示機

重量値を大型ディスプレイに表示することが可能です。離れた場所や多人数が重量値を確認したい場合などに有効です。



カスタマディスプレイ

お客様用の情報を表示するために使用される機器です。たとえば、計量の結果や金額などを表示するなどで使用されています。



カスタマディスプレイ

お客様用の情報を表示するために使用される機器です。たとえば、計量の結果や金額などを表示するなどで使用されています。



データ同期

複数拠点で同じシステムを使用する場合にデータの同期をとることが可能となります。必要に応じてリアルタイムでの同期も可能です。

(※リアルタイムで同期可能かどうかは通信状態に左右されます。)



タッチパネル

画面上をタッチすることで操作できますので、ソフトウェアをだれでも簡単に使用できるように作成することができます。



WEBアプリケーション

ブラウザを通じて操作するウェブアプリケーションを作成することができます。弊社の場合、計量データをウェブ上のサーバにアップして計量結果を公開するなどの実績がございます。